Seawind
Seawind
1976
ハワイのホノルルで腕を磨いていたミュージシャン集団をハーヴィーメイソンが見初めて、LAへ連れ出し自らプロデュース!タイトなリズム隊に、キレのあるホーンも含め7人の大所帯。世のクロスオーバー、フュージョンブームにのり、CTIから発売されたファーストアルバムだが、なんといっても名曲He Loves You につきる。ブラジリアンなフレーヴァーをまぶした黄昏時に聴きたくなるメロウグルーヴに悶絶必死。アルバム全体はグルーヴマスター、ハーヴィーの影響もあり、意外にファンキーなナンバーが並ぶ。

Seawind
Seawind
1976
ハワイのホノルルで腕を磨いていたミュージシャン集団をハーヴィーメイソンが見初めて、LAへ連れ出し自らプロデュース!タイトなリズム隊に、キレのあるホーンも含め7人の大所帯。世のクロスオーバー、フュージョンブームにのり、CTIから発売されたファーストアルバムだが、なんといっても名曲He Loves You につきる。ブラジリアンなフレーヴァーをまぶした黄昏時に聴きたくなるメロウグルーヴに悶絶必死。アルバム全体はグルーヴマスター、ハーヴィーの影響もあり、意外にファンキーなナンバーが並ぶ。

This Is Niecy
Deniece Williams
1976
スティービーワンダーの育成するバックコーラス「ワンダーラブ」は魅力的な女性シンガーがいっぱい。ミニーが有名だが、このデニスも有名。コーラスでは満足できない創作意欲が、モーリスホワイトの目にとまりカリンバプロよりデビューとなった。こぶしを効かせすぎないサラリとした味わいながら、伸びやかでソプラノの美しい歌声が、アース仕立ての音によくあう。どこまで関与したかは定かでないが、名曲freeのクレジットには自身の名前もきっちり。

This Is Niecy
Deniece Williams
1976
スティービーワンダーの育成するバックコーラス「ワンダーラブ」は魅力的な女性シンガーがいっぱい。ミニーが有名だが、このデニスも有名。コーラスでは満足できない創作意欲が、モーリスホワイトの目にとまりカリンバプロよりデビューとなった。こぶしを効かせすぎないサラリとした味わいながら、伸びやかでソプラノの美しい歌声が、アース仕立ての音によくあう。どこまで関与したかは定かでないが、名曲freeのクレジットには自身の名前もきっちり。

The Promise Of Love
Delegation
1977
イギリスのメロウソウルのDelegation(代表団)が誓うもの、それは愛。ブラインドを下げ誘うようにこちらを見つめるジャケット同様、Three Times DopeのFunky Dividendsであまりにも有名なOh Honeyでトロトロな世界に誘われる甘茶ソウル。しかしながら、アルバムはWhere Is The Loveなど爽やかなダンサーが多くバラエティ豊か。

The Promise Of Love
Delegation
1977
イギリスのメロウソウルのDelegation(代表団)が誓うもの、それは愛。ブラインドを下げ誘うようにこちらを見つめるジャケット同様、Three Times DopeのFunky Dividendsであまりにも有名なOh Honeyでトロトロな世界に誘われる甘茶ソウル。しかしながら、アルバムはWhere Is The Loveなど爽やかなダンサーが多くバラエティ豊か。

Stepping Into Tomorrow
Donald Byrd
1974
牧師の子供で幼くしてゴスペルやジャズに親しんだバード。50年代、ハードバップ時代から腕をふるうトランペットの名手が、マイゼルブラザーズのプロデュースのもと、ファンキーでグルーヴィーなサウンドを展開するレアグルーヴ名盤。全曲ネタの宝庫ではあるが、デビTさまのギターにハーヴィーメイソンのドラムとバックも豪華。メロウなThink Twice にやられますな〜

Stepping Into Tomorrow
Donald Byrd
1974
牧師の子供で幼くしてゴスペルやジャズに親しんだバード。50年代、ハードバップ時代から腕をふるうトランペットの名手が、マイゼルブラザーズのプロデュースのもと、ファンキーでグルーヴィーなサウンドを展開するレアグルーヴ名盤。全曲ネタの宝庫ではあるが、デビTさまのギターにハーヴィーメイソンのドラムとバックも豪華。メロウなThink Twice にやられますな〜

The Shadow Do
Gary Bartz
1975
マイゼルブラザーズのスカイハイプロダクションのJazzfunk傑作の一枚。レジールーカスやエムツゥーメなどファンクの名手たちを引き連れ得意のサックスを吹きまくる奇才ゲーリーバーツ。ファンキーなサウンドもええですが、ここは、Gentle Smilesのメロウさがたまらん。

The Shadow Do
Gary Bartz
1975
マイゼルブラザーズのスカイハイプロダクションのJazzfunk傑作の一枚。レジールーカスやエムツゥーメなどファンクの名手たちを引き連れ得意のサックスを吹きまくる奇才ゲーリーバーツ。ファンキーなサウンドもええですが、ここは、Gentle Smilesのメロウさがたまらん。

Hard Candy
Ned Doheny
1976
ジャケットの青い空と海、ポパイ世代のおっさんが聴けば、甘酸っぱい青春が蘇る。ジャケットそのまんまに、カリフォルニアの金持ちぼっちゃんであったというネッド。水もしたたるこの青年、爽やかだけではすまされない。スティーヴ・クロッパーをプロデューサーに迎え黒いエッセンスをクロスオーバーさせる、これぞまさしくAOR。平均的白人バンドAWBやタワーオブパワー、デビットフォスターも参加し、フォーキーかつファンキーな洗練された音でせまる名盤。

Hard Candy
Ned Doheny
1976
ジャケットの青い空と海、ポパイ世代のおっさんが聴けば、甘酸っぱい青春が蘇る。ジャケットそのまんまに、カリフォルニアの金持ちぼっちゃんであったというネッド。水もしたたるこの青年、爽やかだけではすまされない。スティーヴ・クロッパーをプロデューサーに迎え黒いエッセンスをクロスオーバーさせる、これぞまさしくAOR。平均的白人バンドAWBやタワーオブパワー、デビットフォスターも参加し、フォーキーかつファンキーな洗練された音でせまる名盤。

Afro Blue
Dee Dee Bridgewater
描いてるうちに、商店街にいてる大阪のおばはんみたいになったが、音の方は、ばっちり。1974年若干24歳にして放った衝撃のデビューALBUM。カリンバに導かれてアフリカの大地に思いをはせる1曲目から、Roy AyersもやってるLove From The Sun、スタイリスティクッスのメッセージソングPeople Make The World Go Roundと、ソウルフルでまさしくスピリチュアルな歌声が堪能できる。なんとこの傑作、日本で録音されたメイドインジャパン。

Afro Blue
Dee Dee Bridgewater
描いてるうちに、商店街にいてる大阪のおばはんみたいになったが、音の方は、ばっちり。1974年若干24歳にして放った衝撃のデビューALBUM。カリンバに導かれてアフリカの大地に思いをはせる1曲目から、Roy AyersもやってるLove From The Sun、スタイリスティクッスのメッセージソングPeople Make The World Go Roundと、ソウルフルでまさしくスピリチュアルな歌声が堪能できる。なんとこの傑作、日本で録音されたメイドインジャパン。

Chaka
Chaka Khan
日本でカーンといえば、キラーカーンか、チャカカーン。Chakaはアフリカの言語で「炎」「赤い」という意味で、真っ赤で大きな口の彼女にピッタリ♩ルーファスでデビューしほどなく一躍人気に火がつき、1978年に発表されたファーストソロがコレ!チャカの伸びやかなハイトーンヴォイスに、アリフマーディンの指揮下、スタッフやアヴェレージホワイトバンドにブレッカーブラザーズ、デビッドサンボーンにフィルアップチャーチなどなど、ニューヨーク最高の面目がきらびやかな共演を繰り広げる。Ashford & Simpson作のダンスクラシックスI’m Every Womanから一気に聴かせるチャカに恋する一枚。ほんまはチャカやのうてシャカいうらしいです。

Chaka
Chaka Khan
日本でカーンといえば、キラーカーンか、チャカカーン。Chakaはアフリカの言語で「炎」「赤い」という意味で、真っ赤で大きな口の彼女にピッタリ♩ルーファスでデビューしほどなく一躍人気に火がつき、1978年に発表されたファーストソロがコレ!チャカの伸びやかなハイトーンヴォイスに、アリフマーディンの指揮下、スタッフやアヴェレージホワイトバンドにブレッカーブラザーズ、デビッドサンボーンにフィルアップチャーチなどなど、ニューヨーク最高の面目がきらびやかな共演を繰り広げる。Ashford & Simpson作のダンスクラシックスI’m Every Womanから一気に聴かせるチャカに恋する一枚。ほんまはチャカやのうてシャカいうらしいです。

Rainbow Seeker
Joe Sample
5歳からピアノを弾き始め、1960年に「ジャズクルセーダーズ」としてデビュー。1970年にはクルセーダーズに改名。ファンキーでソウルフルなフュージョンサウンドがうけ大ヒット。そんな脂が乗った時期1978年に発売された本作、邦題「虹の楽園」とちと恥ずかしいが、エレピからアコースティック、シンセまで、いつもより洗練されたプレイが聴ける楽しい一枚。アップもいいがDavid T. Walkerとの語り合うようなIn All My Wildest Dreamsにジーン。突然の訃報に涙。享年75歳。偉大なミュージシャンでした。

Rainbow Seeker
Joe Sample
5歳からピアノを弾き始め、1960年に「ジャズクルセーダーズ」としてデビュー。1970年にはクルセーダーズに改名。ファンキーでソウルフルなフュージョンサウンドがうけ大ヒット。そんな脂が乗った時期1978年に発売された本作、邦題「虹の楽園」とちと恥ずかしいが、エレピからアコースティック、シンセまで、いつもより洗練されたプレイが聴ける楽しい一枚。アップもいいがDavid T. Walkerとの語り合うようなIn All My Wildest Dreamsにジーン。突然の訃報に涙。享年75歳。偉大なミュージシャンでした。

3&3 Web Flyer
3ヶ月に1回開催のイヴェント「3&3」のフラヤーを作成。大阪ミナミのbar contortで気持ちいい音を好き勝手にかけて楽しんでます。回を重ねるごとに、規模も人数も増えて、、っていいたいとこですが、あいもかわらず、毎回のんびりいつもの仲間とレッツパーリー。今回もAORの和ものから、ファンクにディスコにJAZZ、レゲエ、ヒップホップ、なんでもありの一夜でやんした。いやぁ〜音楽てええですね♩

3&3 Web Flyer
3ヶ月に1回開催のイヴェント「3&3」のフラヤーを作成。大阪ミナミのbar contortで気持ちいい音を好き勝手にかけて楽しんでます。回を重ねるごとに、規模も人数も増えて、、っていいたいとこですが、あいもかわらず、毎回のんびりいつもの仲間とレッツパーリー。今回もAORの和ものから、ファンクにディスコにJAZZ、レゲエ、ヒップホップ、なんでもありの一夜でやんした。いやぁ〜音楽てええですね♩